教会紹介

日本キリスト改革派瑞浪教会

瑞浪教会 (瑞浪伝道所)は日本キリスト改革派教会の教会です。瑞浪伝道所は1961年に伝道開始しました。

日本キリスト改革派教会

沿革:旧日本基督教会内にあって、歴史的に宗教改革主義信仰、特に改革者ジャン・カルヴァンによって組織され欧米において、改革派教会または長老教会として発達した改革派信仰に養われた10数名の教職者たちが、時代の圧迫の下にあって日本基督教団に加盟していたが、やがて敗戦と同時に信仰の自由が与えれると、その把持する信仰告白と教会政治と善き生活を実現する健全な新教会を祖国に打ち立てることを念願し、1946428日東京に集合、本教会を組織した。設立時、教職9名長老3名であった。

教義および特徴: ウェストミンスター信仰告白並びに大小教理問答を信仰規準とし教会組織は長老制度をとる。更に神の栄光を顕わし、信仰の面のみならず、学問及び、生活の面においても聖書の教えるところを真理としてその実現を期待するところが特徴である。